カテゴリ: 
collateral series

カテーテル検査/治療の現場に立つドクターの皆様の意見をさらに取り入れ、従来のRASシリーズの可動軸を、Collateral RAS-500シリーズではボールジョイントロック機構を採用することで、脳動脈瘤や脳動脈奇形などの脳疾患におけるDSA撮影や3Dローテーション撮影などの際に、さらに自由度の高い固定を可能にしました。
更に新しい「RAS-570」シリーズではこの機構システムを進化させ、人間工学的に無理のない姿勢での頭部固定を実現しております。

また、ベース部分には剛性の高さと形状の美しさを求めた、アルミ削り出しパーツを使用、ヘッドホルダーにはウレタン塗装で仕上げたカーボンを使用、更に顎部固定用のベルトも新設し機能性に併せ、見た目の美しさにもこだわりました。
患者様にとっても、術者の方々にとっても、さらに快適なカテーテル検査/治療環境を提供することが可能になりました。

サイズ: 
408(L)×216(W)×290(H)mm
重量: 
2kg
材質: 
カーボン/アルミ/アセタール樹脂
注意書き及び補足: 
・薬事一般的名称 頭頚部画像診断放射線治療用患者体位固定具 JMDN40898000 ・薬事販売名 画像診断装置用頭部固定具 Collateral RAS-500 ・クラス分類 クラスⅠ 一般医療機器 ・届出番号 13B1X100820000014
メイン画像: 
ピックアップフラグ: 
ON
カテゴリ: 
MRI

MRIでは撮影条件や高磁場化に伴う高周波により大きな音がします。 そのため患者様の負担軽減を目的に耳栓やヘッドホンが用いられますが、ヘッドコイルやニューロバスキュラーコイルでの検査の場合、ヘッドホンとコイルとの干渉が以前から指摘されており、ヘッドホン自体の使用を控える事がありました。
これを改善する為、各種コイルとの干渉を最小限に抑え、遮音性能に優れた新型の薄型ヘッドホン「MRIサウンドパッド3」を開発しました。
サウンドパッド3はただ薄いだけに留まらず、遮音や可動部分の強度の為に全ての設計と部材を見直しました。日本人特有の丸顔で横長の顔でも、ヘッドホンを付けたまま各種コイルを使用する事が可能となります。
従来製品よりも高い静音性を実現し、患者様にとっても突発的な大きな音による不安や苦痛を少しでも和らげる事が出来ます。

サイズ: 
150x 85x 210 mm
カラー: 
カーボンブラック
重量: 
220g
材質: 
【パッド本体】ウレタン樹脂(アーム部)、ポリアセタール(カチューシャ部)
入数: 
1
注意書き及び補足: 
※方式:空気伝導型
メイン画像: 
補足画像1: 
補足画像2: 
補足画像3: 
動画パス: 
<iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/x6FUQaHX43A?feature=player_embedded" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
ピックアップフラグ: 
ON
コンテンツ配信

お知らせ