DORADO 4

DORADO 4

放射線治療用レーザーマーキングシステムDORADO 4 PLUSは、CT, PET-CT, SPECT装置に設置され、腫瘍アイソセンターや治療領域のデータを治療計画装置から取得し、移動式レーザーで患者の体表面上に正確・迅速に表示します。

特長

  • 最適なワークフローにより精密・安全・迅速
  • 移動式レーザー 5セット (サジタルライン、コロナルライン、トランスバーサルライン):患者台の移動は不要
  • 5つの全てのレーザーが可動し、マーキングの際、患者台の移動は不要
  • タッチスクリーンにて、レーザー移動操作可能。
  • green または red の鮮明なレーザーライン
    ・ライン幅:1 mm 未満(焦点調整可能)
    ・ライン長:3 m 距離で 6 m (red), 2.7 m (green)
  • 最高の照射精度:4 m 距離で ± 0.5 mm
  • 移動式レーザーの最高走行速度:200 mm/s
    ・速度選択可能:0.2 – 200 mm/s
  • 自動較正により最高の信頼性
  • 最大 5 台の治療計画装置と接続可能


レーザー走行システム
走行距離 600 mm
走行速度 200 mm/秒
速度選択範囲 0.2 – 200 mm/秒
ポジショニング精度 ± 0.25 mm
照射精度 4 m距離で ± 0.5 mm
ライン長 (3 m距離で) 6 m (レッド)、 2.7 m (グリーン)
フィードバックコントロール 絶対的リニアエンコーダー
校正 自動校正
ボード上機能プロセッシング マイクロプロセッサー
電圧供給 100 – 240VAC、50 – 60 Hz
コンピュータのインターフェース RS485
コンピュータ / レーザー間隔 無制限
    Carina ソフトウェア Windows 7
シミュレーションデータのダウンロード 1 – 5ネットワーク順
寸法(長x幅x奥行),  重さ 天井取付け 1284x1284x153(168)mm, 100kg
壁取付け     1392x184x165 mm,  26 kg
床取付け  1796x184x127 mm,  30 kg
レーザーモジュール
レーザータイプ(レッド),  波長 レーザーダイオード、635 nm
レーザータイプ (グリーン),   波長 DPSS、532 nm
出力 < 1 mW
レーザークラス クラス2
ライン幅 (焦点調整可能)< 1 mm
ドリフト 測定不可